今年の9月から高等部の一年に留学生が加わりました。
中国人の女の子ですが、日本語を中国の学校で勉強していて、日常の会話はいつも日本語です。
最初の自己紹介からカタコトの日本語ではなく、スラスラと話をしていて、クラのメンバーは思わず「すごい」や、「おー!」と声がでてしまうほど驚きました。しかも彼女はとても明るい性格で、話しかけるといつも笑顔でこたえてくれて、あっという間にクラスに慣れました。
高等部に来てすぐに体育祭、学園祭がありましたが、長縄は中国ではあまりやることはないそうで、飛び方を覚えながらタイミングを合わせるのはとても大変そうでした。
学園祭の準備では、クラスのメンバーにたくさん質問をしながら準備をし、当日の流れを確認していました。
そして本番は、体育祭では長縄のクラスの最高記録を更新することができ、学園祭では、クラス企画も他のクラスの企画も楽しむことができたそうです。
授業では、中学で勉強していた内容が違い、日本の音楽を知らないので音楽の授業では歌が分からないなど困ることもあります。
しかし日本と中国の生活の違い、小学校、中学校での雰囲気などを知ることができて、お互いの国のことを理解することができるので、彼女にとっても私達にとっても、良い経験になっています。

投稿者プロフィール

Press AssistantStudent

桜丘学園桜丘高等学校普通科高等部記者