1学年前期総合的学習の時間は体験型学習「環境科学」として自然との共生をテーマに学習を行っています。6月25日の授業を、朝倉川育水フォーラムが管理している多米峠にある「ビオトープ・生物再生のための生息地」と周辺森林で行いました。朝倉川育水フォーラム(特定非営利活動法人)の人たちの協力を得て「ビオトープでの生物の観察」と「森林のはたらきと生き物」について楽しく学びました。生徒たちは、めずらしい植物や生き物(サワガニ、カエルなど)が観察できて喜んでいました。