昨日の6限に三年生を送る会を行いました。

生徒会が中心となって企画・運営をしてくれた三年生を送る会。学年対抗のゲームとして3種目の合計点で競いました。

最初に行ったのは「3年間の思い出クイズ」。3年生の担任の先生にまつわる問題や、昨年の10月に穂の国とよはし芸術劇場PLATにて行ったミュージカルから問題が出題されました。

次に行ったのが「未成年の主張」です。1、2年生は3年生の先輩への思いを、3年生は後輩や先生方への思いを30秒のスピーチに乗せて発表してくれました。全校生徒が審査員となり、拍手の音の大きさを騒音測定器で測ることによって順位を決定しました。

最後に行ったのが「箱の中身はなんじゃろなゲーム」です。各学年から一人ずつ挑戦者を募り、挑戦者からは中身が見えない箱の中に手を入れて手探りで箱の中に入っているものを当てます。答えは先生の私物から用意されていました。

これら3種目の結果、優勝に輝いたのはやはり3年生!最上級生として最後まで強さを見せつけていました。

ゲームの後も3年生による3年間の思い出スライドショーや有志のダンス発表があったり、先生方からも寸劇やメッセージ付きの歌の出し物が昨年のミュージカルの衣装を纏ってなされたりなど、心温まる企画がたくさんありました。

3年生同士はもちろん、先輩と後輩、先生と生徒たちとの絆の強さがよくわかる、とても良い会となりました。