5月15日(水)、今日は1時間目の授業を実施したあと、バスに分乗して劇団四季ミュージカル「ノートルダムの鐘」を観に行きました。

行きは途中、刈谷のオアシスで時間調整を兼ねて休憩・昼食。天候にも恵まれて、みんなそれぞれ楽しそうにベンチでお弁当を広げていました。バスの駐車スペースがない為、名古屋四季劇場から少し離れたところで下車。途中公園で点呼の後、劇場に入りました。

今回観劇した「ノートルダムの鐘」。舞台が精巧にできていて迫力もあり、劇が始まると一気に15世紀のパリの世界に引き込まれました。舞台と客席が近く、二階席も舞台に向かって下がっていて、演技を身近に感じることができました。ミュージカルは途中20分の休憩をはさんで2時間30分あまり。特に2・3年生は、今年3月に自分たち自身がミュージカルに取り組んだばかりで、プロの歌や演技の迫力に圧倒されていました。