1年総合的な探求学習・決勝発表会

第21回 総合的な探求学習

11月10日(金)5階ホールで各クラスで選抜された2チームによる決勝の発表が行なわれました。1学年生徒全員と審査員の先生で次の項目で評価をしました。

各評価項目1~5点で評価  25点満点

1.調査・実験・アンケート等の工夫ができている。

2.テーマにそって説明ができている。

3.発表の態度・発表時間が適切である。

4.提案にオリジナリティがある。

5.プレゼンテーション力がある。

自然環境に目を向けたときの疑問や身近に感じとる疑問など、班で課題を設定し、どうすれば解決できるのかを話し合い、実験、調査、聞き取り、情報収集などに取り組んできました。課題解決に向けてのまとめとして、パワーポイントで発表をしました。発表は、全員で発表すること、発表時間は5~7分で行なうことなどを決めて準備を進めました。

優秀賞は課題のテーマ「ゴキブリの出現を防ぐには」でした。

最優秀賞はチーム名シュガーレイズの「体に悪い食べ物について」でした。最近、肥満や糖尿病になる人が増えていることが報道されていました。その原因がジャンクフードにあるのか疑問に思って調べました。生徒へのアンケート(朝食を食べてるか、ジャンクフードは1週間にどれくらい食べているか など)。栄養士さんから健康なからだのため何を食べた方がいいかなど聞きました。提案としては、健康のためにはジャンクフードを食べる回数を減らすこと。栄養バランスのとれた食事をすることなどが大事であるなど提案しました。

※ジャンクフードとは栄養価のバランスを欠いた調理済みの食品。