NZ生徒英語の授業参加

 

先週金曜日(9/23)からニュージーランドにある姉妹校、カイコライバレーカレッジ校から留学生が本校の生徒宅にホームステイをしています。全員で12名の生徒と2名の教員が来校し、授業も一緒に受けています。

27日(火)の体育祭にはチームNZとして参加。400mリレーや三人四脚にも参加して頑張ってくれました。また、その日は午後から調理室に移動して、和菓子作りを行いました。今日は12名のうち9名が、中2の英語の授業に参加してくれました。本校生徒を4~5人の9グループに分かれてもらい、5分ごとにニュージーランド生徒が各グループを回り英会話を楽しむというものです。最初はお互い恥ずかしがっていましたが、すぐにうち解けて楽しそうに会話を楽しんでいました。

1988年から30年に及ぶ交流のある姉妹校は、互いにとりとても大切な存在です。毎年の夏休みには30名ほどの生徒がニュージーランドでホームステイを行っています。

そして、2、3年に1度、ニュージーランドからも生徒たちがやってきて、本校でショートホームステイを行っています。こうした交流を通して友情を深めてきました。中には一生の友達として付き合っている卒業生もいるほどです。

 

 

前の記事

第69回 体育祭に向けて