韓国語学研修旅行日記  1日目 (10月25日)

 

毎年2年生のこの時期に姉妹校である清潭(チョンダン)中学校との交流を中心に韓国語学研修旅行(三泊四日)を行っています。今年で19回目になります。10月25日(火)朝6時に学校を出発。

旅客機は9時25分に中部国際空港を離陸し、11時30分に着陸、韓国での研修がスタートしました。(日本との時差はありません)韓国での天気は、朝から10時ぐらいまで、ソウルは土砂降りだったようです。飛行機が着陸したときは曇りで、昼過ぎからは天気も良くなり青空も見えるようになりました。気温は16℃でした。韓国1日目のお昼はレストランでの石焼ビビンバ、さすが本場の味、おいしかったです。

最初の見学は、リニューアルした「統一展望台」。統一展望台は、鳥頭山の高台にありハンガン川とイムジン川が合流する位置になります。今日は天気も良く3㎞先の北朝鮮をくっきりと見ることができました。双眼鏡を使って、岸にいる人を確認することもできました。赤い服を着ているみんなをとりまとめる班長さんのような人を見ることもできました。次は、西大門刑務所歴史館(当時の建物)の見学です。日本の統治下での日本と韓国との悲しい過去の歴史を展示等(一部日本語で説明)で学びました。

夕食は、韓国料理の定番、骨付きカルビを堪能しました。ごはん、キムチなど前菜などはお代わり自由、なくなると店の人がすぐ持ってきてくれました。お腹いっぱいになりました。

韓国1日目の最後は、NANTA鑑賞です。韓国の伝統的なリズムであるサムルノリのリズムを素材にし、キッチンで起こる出来事をコミカルに演じるパフォーマンスです。

明日は、生徒が楽しみにしている清潭中学校との交流会です。天気もよさそうです。では、また明日、2日目の様子を報告します。

ソウルより