韓国語学研修旅行日記  4日目 帰国(10月28日)

 

今日のソウルの天気は曇のち晴れ 暑いぐらいでした。

午前中は、「コリアハウス伝統体験館」で3つコースに分かれて体験を行いました。キムチ作りでは韓国の家庭で作られているキムチを作り、お土産に持って帰ります。飾り紐づくりコースでは、アクセサリーを作りました。なかなか結びが難しく、苦戦していました。韓服コースでは、韓国の歴史から礼儀作法まで教わり、皆で民族衣装を着て記念撮影をしました。

体験後、「南山韓屋村」では韓国の伝統的な居住地域を見学し韓国の生活文化に触れることができました。

韓国での最後の観光は、お昼を兼ねての自由散策。伝統工芸、陶磁器、土産物店などが所狭しと並びソウルの文化の街といわれている「仁寺洞(インサドン)」での見学と買い物を楽しみました。暑い日になった今日、昼食に熱い韓国料理「サムゲタン」を食べた生徒、教員がいました。たいへんおいしかったようです。

飛行機は、午後7時21分 生徒73名と引率教師5名を乗せ仁川空港を離陸。  午後9時05分 中部国際空港セントレアに着陸。

本校の「異文化理解学」のプログラムである三泊四日の韓国語学研修旅行を終えます。姉妹校との交流、日本と違う文化などにも触れたことで、異文化交流に関心を持ち、語学(英語)の勉強の大切さを実感したことでしょう。生徒にとって今回の研修旅行での様々な体験はこれからの成長につながっていくことでしょう。また、今回の研修旅行について家族に何を体験し、何を学んできたのかをたくさん話をしてほしいと思います。

これで、第19回韓国語学研修旅行日記を終了します。 カムサハムニダ  ありがとうございました。

 

 

次の記事

第47回豊橋合唱祭