朝日アンサンブルコンテスト(中学吹奏楽部)

 昨年の出来事ではありますが、12月25日(日)にアンサンブルコンテストがありました。桜丘中学は混成七重奏(クラリネット、バスクラリネット、フルート、サックス、ホルン、ユーフォニウム、パーカッション)で出場しました。舞台にはのらない部員も応援に来て、楽器運搬の手伝いや出場メンバーの緊張を和らげ、全員で頑張りました。

 前日には、応援メンバーが作ったお守り(ヘアゴム)が、出場メンバーに渡されました。このサプライズにはみんな驚き、唯一の男子生徒もお守りを前髪に付け、喜んでいました。その光景はとても心が温まるものでした。

 本番はとてもいい演奏をすることができました。細かい部分で気になる点は各々あったと思いますが、練習の成果を十分に発揮できた演奏だったと私は感じています。結果は金賞!! 県大会にはつながりませんでしたが、この結果は夏の銅賞から大きく成長したことの証です。部員は11月中旬から朝練を始めて、毎朝眠たい目をこすりながら練習に励んでいました。また12月には中高合同練習を週に1〜2回行い、高校生からたくさんのことを学びました。この間の頑張りは、それぞれの力となり、今後の活動に生かしていけると思います。今回の結果を真摯に受け止め、今後の中日個人重奏やジョイントコンサート、定期演奏会に向け、さらに磨きをかけていきたいと思います。

前の記事

初日の出2017