韓国姉妹校 清潭中学校訪問団来校

1月16日(月)韓国の姉妹校清潭中学校からの訪問団40名(生徒36名 / 校長含む教員4名)が本校を訪れました。清潭中学校とは1998年から交流が始まり、2001年10月に正式に姉妹校提携を結び、それ以来、相互訪問とホームステイを続けてきました。

この日は5限に授業に参加し、6限は歓迎集会を中学5階ホールで行いました。オープニングでは吹奏楽部の歓迎演奏に始まり、生徒会が用意してくれたゲーム大会では大きな歓声が沸き起こり、大変盛り上がった歓迎会となりました。一方、韓国の生徒たちは歌やダンスを披露してくれたりなど、こちらも拍手や笑い声に会場が包まれ、日韓が一緒になって、相互交流を深めることができました。この日の夜は清潭中学校生の26名が、本校生徒宅にホームステイをすることになりました。ホームステイでは回転寿司に行ったり、家でお好み焼きをしたり、着物を着させていただいたりなど、それぞれの家庭で温かいもてなしを受けました。翌朝、ホストの生徒と手をつないで登校したり、たくさんのお土産をもって「楽しかった」と話す様子を見て、本当に喜んでくれているのがわかりました。

日韓関係が冷え込む中、それとは逆に私たちの交流はこれまでずっと良好な関係が続いていると感じます。次世代を担う子供たちに友好と協調の心を育み、相互理解を深める大切な交流の機会となりました。ホストファミリーになっていただいた父母の皆さん、本当にありがとうございました。