スタディツアーinフィリピン

 高等部1学年では、国際貢献事業の一環として、フィリピンでスタディツアーを毎年行っています。今年で12回目となります。今回は、8月22日から8月28日の7日間、7名の生徒が参加しました。

 このツアーの目的は、マングローブ植樹活動と現地の人々との交流です。フィリピン到着後、ダンスやゲームを披露し、現地の人々と交流を深めました。生徒1人1人現地の子供とバディを組み、市内見学や植樹活動を一緒にしました。3日という短い時間でしたが、この交流はかけがえのないものになったと思います。最後の別れでは、涙する生徒もいました。そして、レクリエーションとして、市内見学、カービンリーフという無人島でバーベキューや海水浴をしてフィリピンを満喫しました。

 今回のスタディツアーで異文化に触れ、日本とは異なる生活に衝撃を受けた生徒もいました。それでも、現地高校生と積極的に交流を深めていました。この経験がきっとこれからの学校生活や人生で活きてくると思います。

 現地の方々が作ったエコバックを10月1日(日)文化祭で販売します。是非お買い求め下さい。

 

前の記事

沖縄平和研修日記

次の記事

第37回桜丘文化展の模様