ニュージーランド夏季ホームステイの報告

夏休みの725日から85日まで、桜丘中・高校生合わせて20名の生徒がニュージーランド・ダニーデンで、姉妹校カイコライバレー・カレッジに通いホームステイをし、その他の都市を観光してきました。

カイコライバレー・カレッジでは、生徒たちは4グループに分かれ、日本文化を紹介する授業を行なったり、ホストの生徒と一緒に授業を受けました。ホームステイや、学校生活を通じ、なかなか自分の言いたいことを伝えることができない中で、それでも一生懸命コミュニケーションを取ろうとする姿がたくさん見えました。今回の研修で生徒全員が大きく成長できたのではと思います。

 

また、昨年桜丘に留学していた生徒がホームステイを引き受けてくれるなど、1988年から始まった両校の関係を深さを感じました。これからもこの両校の関係を大切にしていきたいと思います。

(柴田・冨田)

生徒感想

・今までで一番充実していた12日間でした。

・今回のホームステイで誰にも頼らず、英語だけで生活したという自信に繋がったし、何より本当に楽しかったです。最高の思い出になりました。

・今回の研修での一番の収穫は『あきらめない心』です。

・ホームステイをしてみて、自分のコミュニケーション能力、英語力のなさに改めて気づかされました。しかし、『間違えてもいいから積極的に』と考えるようになったら楽しくなりました。英語が上達したら、もう一度NZに行きたいです。

・今回のホームステイで知り合った方との関係を途切らすことのないようにしたいです。

・私の英語を“Your English is good!”と褒めてくれて本当に嬉しかったです。自分ではまだまだと思うので、これからも勉強しよう思いました。

・ホストと話して、笑って過ごした時間が一番の思い出です。

前の記事

第37回桜丘文化展の模様

次の記事

理事長講話