~語感を鍛える10分間~ English Shower

3年前から始まった ”English Shower ”。朝のシャワーのように英語を浴びるのにちなんでそう名付けました。つまり、朝の会が始まる前の8:40~8:50 の1

0分間を、生の英語のリスニングの聞き取り時間に当てる。そんな貴重でユニークな経験を生徒たちは日々積み重ねています。

アメリカ人のアシュリー先生を中心に、日本人の英語科教員が日替わりでサポートするようにしています。内容は例えば、生徒たちの夏休みのことや、学校生活のこと、そして時には生徒たち自身がEnglish Showerに参加したり等、生徒たちの日常になるべく寄り添った話をしています。それは、既製のCDを流していたのでは生徒が、自分の能力をそのレベルに合わせる必要があったり、トピックが身近でないため興味が持てないということもよくある話です。

ネイティブが身近な学校の話題を毎日10分話す。そして、それに興味を持って生徒が聞き入る ………。 日々のこの繰り返しが、英語を言葉として理解するのに必要な『英語脳』を作ってくれると信じています。「継続は力なり」私た

ちはそう信じて英語の運用能力の向上のみならず、グローバル化に対応した時代の求める人材を育てたいと考えています。

 

 

前の記事

補習が始まりました!