愛知県私学弁論大会 準優勝

本日、愛知県中学校私学弁論大会が行われ、本校3年の廣中邑伎さんが準優勝に輝きました。彼女は小学生の時から、桜丘学園と豊橋ユネスコ協会が共催する東日本大震災教育支援プロジェクトに参加して、宮城県山元町の学習支援活動を行ってきました。

その経験にもとづき『繋ぎたい3.11の絆』というタイトルで、弁論大会に臨みました。震災から6年が経過して被災地は復興したように見えるけれど、人々の心の復興はまだ終わっていない。だから、これからもこの震災を忘れることなく支援を続けてほしいと訴えました。

小学校3年生の時から豊橋駅前で街頭募金に立ち、小さな身体で桜丘中学生に混じって募金活動をしてくれたことが、昨日のことのように思い出されます。また、被災地でも被災した子どもたちにずっと寄り添ってくれました。彼女の実体験にもとづくスピーチは、とても説得力のある素晴らしいものでした。

前の記事

豚汁をいただきました

次の記事

当日の飛び込み参加も可能です