持続可能な開発のための教育 ・ 持続可能な社会の担い手としての成長を目指して、桜丘中学校では開校以来、「生きる力・問題解決力の育成」を教育目標の大きな柱と位置づけ、1年総合学習では「探求学習」を通してその実現に努めています。この学習は1年の前期(例年4月~10月)に実施します。

4月28日の第3回目は、多米にある朝倉川育水フォーラムが運営する「ビオトープ(動植物が生息場所)」での学習でした。貴重な生き物と野草の観察、朝倉川上流にある「不動滝」の見学と朝倉川育水フォーラムの人たちの協力を得て行いました。